CAD導入によって広がった様々な可能性とは?

CADによる技術革新とは?

機械や建築物などを製作するため、それらの形状や構造及び制作工程を詳細に描いた図面のことを「製図」と言います。昔は製図を手書きしていましたが、製図を書くための基礎である線種や線の太さや寸法線の書き方などを習うだけでも容易ではありませんでした。しかしCADが普及したことからコンピュータによる製図業務が可能になったのです。

CAD(キャド)とは「Computer Assisted Design」または「Computer Aided Design」の頭文字をとった略称で、パソコンの2D もしくは3D コンピュータ支援設計ソフトウェアのことを指しています。多くのCADでは線種の指定や寸法補助線の自動表示機能が備わっていますので、パソコンでCADを操作することによって手書きよりも効率良く製図を描く作業ができるのです。

CADによって広がったニーズとは?

製図は日本工業規格(JIS)によって規格化がされていますが、CADソフトによって描かれた製図は規格化に沿った図面を描くだけではなく計算や修正といった作業も全てコンピューターで作業することが可能です。現在ではパソコン自体もスペックが高いものが安く手に入ることから、パソコンを介しての図面の再利用や受け渡しも容易となっています。

アパレル業界やインテリア業界においてCADが登場するまではデザイン画などは手書きのスケッチで書かれていたために、出来上がりが最初のイメージと全く違ってしまうことがよくありました。しかしCADによって出来上がりを3Dでイメージすることができるようになったため、今では電化製品や文房具、化粧品といった製品のデザインにもCADが使用されるようになりCADのニーズも広がっています。

水道CADとはcomputer-aided design、いわゆるコンピュータ支援設計ツールを用いて水道配管図などを作成するソフトのことをいいます。ネット上にはフリーソフトも存在します。