無線の進化には欠かせない!リバブレーションチャンバーってどんなもの?

そもそもリバブレーションチャンバーって何?

普通に生活していても、リバブレーションチャンバーについて知る機会はなかなかありませんよね。リバブレーションチャンバーは無線の開発現場では欠かせないもので、試験や評価のために使われているんです。

無線がどのように反射しているのか、電磁波による影響など、さまざまな環境でのテストも行われていますね。電波の測定も出来るので、アンテナの性能をチェックする場合にも使われていますよ。

システムはブースのようになっていて、ノイズの発生しにくい空間が作れるんです。私たちの身近なスマートフォンも、リバブレーションチャンバーがなければ製品化は実現できません。

無線の技術が進化することで、私たちの生活も便利になっていくでしょう。

リバブレーションチャンバーはどんな企業が使うの?

無線を扱っている企業なら、ほとんどの場合リバブレーションチャンバーが導入されています。小型化が進んできたこともあり、中小企業でも積極的に活用されているんですよ。

アンテナの検査となると広大な空間で行われているイメージもありますが、リバブレーションチャンバーにはそこまでのスペースは必要ありません。オフィス内に設置するなど、企業によって使いやすいように空間がカスタマイズされているんですよ。

設備自体のコストも抑えられるので、これから新しくリバブレーションチャンバーを導入する企業も増えていくはずです。アンテナや通信端末が小型化してきているので、リバブレーションチャンバーも導入しやすくなっていくでしょう。

リバブレーションチャンバーとは、ノイズが無い空間をつくる機器です。主にスマホ開発などで利用されています。