子供が喜ぶ!可愛くて便利なネームタグを作る方法

通園グッズにネームタグを付けよう

保育園や幼稚園グッズに付けておくと便利なネームタグ。市販のネームタグもありますが、手作りしてみると、子供も喜ぶ可愛い物が作れますよ。布製のネームタグを作る時に便利なのが、綿テープやリボンです。どれぐらいの幅のネームタグが欲しいかを決めてから、材料を買いに行きましょう。綿テープは厚手で丈夫なところが魅力です。リボンを使う場合も、薄い物よりやや厚みのあるしっかりした物を選ぶと良いでしょう。名前を刺繍するのが面倒な時は、市販のおなまえスタンプで名前を押して下さい。アルファベットはおしゃれな印象ですが、小さな子供用のグッズに付けるなら、ひらがなのスタンプがおすすめです。完成したら、通園バッグやランチ用の巾着などの布製品に可愛くネームタグを取り付けましょう。

ひと工夫でもっと便利に!

綿テープやリボンで作るネームタグの使い勝手の良さを追求するなら、ネームタグの両端にスナップボタンやマジックテープを付けておくといいですよ。簡単に取り外しのできる、スグレモノのネームタグになります。衣類の洗濯表示のタグに留めたり、バッグの持ち手に付けたり、と応用の幅が広いところが嬉しいですね。ネームタグの色を子供が好きな色にすれば、自分の持ち物に対する意識が高まり、物を大切にする心を育てることもできます。最近では、インターネットでも作り方を紹介しているサイトが増えて、手作りがより身近なものとなっています。ちょっとした工夫次第で、可愛くて完成度の高いネームタグが作れるので、ぜひ挑戦して下さいね。

所持品につけるネームタグですが、最近では迷子のペットや徘徊老人の名前や住所確認などに活躍する場合もあります。また、ペットの場合は、皮膚の下に埋め込むタイプもあります。