CADって何?CADを導入するならここがポイント!

CADってどんなもの?

そもそもCADというのは何なのか?という基本的な説明をすると、CADとは「Computer Aided Design」の頭文字を取ったもので、訳すと「コンピューター支援設計」という意味になります。

つまり、パソコン上で建築や機械などの設計図を作成する手法やシステム全般がCADと呼ばれています。

CADソフトは以前までは高価な物がほとんどでしたが、現在は安価な物もあり図面を取り扱う業種では一般的な物になっています。

CADは大きく二種類に別れ、従来の手書きで作成していた製図と同様に扱える「2次元CAD」と、コンピューター上で3次元で設計データが作成出来る「3次元CAD」の二種類があります。

CADの導入ポイントは?

2次元CADはCADソフトが安価になり、パソコン性能が向上したことから導入はそれほど難しいものでは無く、オペレーター技術を身につけている人も増加しているため、すでに2D CADを導入している企業や現場は多いでしょう。

一方で、3次元CADは導入にいまいち踏み切れない企業や、導入することでかえって効率を下げてしまった企業もあるようです。

効率を下げてしまう原因として、紙媒体の2次元図面を基盤とした作業が定着していて、3次元のデータを取り扱うためのインフラが整わないケースや、3次元モデルの入力に工数が掛かり過ぎてしまうケースが上げられます。

3Dで作成した図面を2Dへ変換し印刷することも可能ではありますが、余計な工数がかかってしまうことに変わりはありません。

3次元CADは製図の精度を上げデザインをより直感的に汲み取ることができますが、導入する上では技術者や現場のインフラを整えることが大事なポイントとなります。

電気CADにも機械系か住居系かの種類があります。内容はどちらも電力配線、電気機器の位置や種類を記載した電気図面を作成します。機械でも住居でも設計段階で使い勝手を十分吟味しておく必要があります。