女性なら経験する人が多数!悩めるあの症状を改善する方法

なぜ出産すると膣が緩んでしまうのか

女性の大きな仕事でもある出産、その出産を終えた女性の多くが経験する膣のゆるみ。この膣のゆるみは出産するとき、赤ちゃんが膣から出てくることで骨盤底筋という筋肉が緩んでしまうことが原因です。この骨盤底筋が緩んでしまいますと、産後のマイナートラブルでもある尿漏れ、また意外にも多い性交渉の悩みなどのトラブルが起こってしまうのです。

骨盤ほぐし体操で膣を閉めよう

産後にやるといいといわれている体操が骨盤ほぐし体操です。やり方は簡単で、あおむけになり、両足を両手で抱え込むポーズをとります。息を吸いながら、肛門をきゅっと締めて5秒間キープします。息をゆっくり吐いて肛門をゆっくりと緩めます。この動作を5回から10回程行いましょう。次に直立し、丸めたバスタオルを太ももに挟みます。挟んだら内ももと肛門の2か所をきゅっと締めて5秒キープします。次に膝を少しだけ曲げ、自分が辛いと思ったところで止めて5秒キープです。この動作を5回から10回行いましょう。

膣トレをするとこんなにいいことが

この膣トレを行うことでメリットが有ります。骨盤底筋を鍛えることが出来るので、尿漏れなどのトラブルが解消されます。また、膣が締まることで産後の性交渉で緩いといわれることが有りません。更に鍛えることで、次に出産をするときに会陰切開をするリスクを避けることも出来るといわれています。またトイレへ行ったとき、おしっこを1日一回途中で止める動作をするのも十分効果が有ります。お風呂上がりの落ち着いたときにこの骨盤ほぐし体操を行いましょう。

男性の中には膣内で射精が困難な症状に悩んでいる人がいます。しかし、女性の膣圧が高いと刺激が強く、射精できる可能性が高まるので、とてもメリットがあります。